05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 07

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

池上彰の総選挙生中継で信濃町殴り込み! 

池上彰がまたやってくれました♪
今回は公明党本部と創価学会総本部のある信濃町殴り込みです。
このブログは政治的なブログではありません。
集団ストーカーを周知するブログです。
なので、下の映像の6分40秒ぐらいからご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=WvwXCVGk090

shinano2.jpg


shinano1.jpg


sinano3.jpg

shinano4.jpg

多くは言いませんが、集団ストーカー被害者の方はこの顔を覚えていてください。
あなたの周りに出没するかも知れません。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: 集ストに関する情報

tb 0 : cm 4   

会社と戦ったというNさんから話を聞く 

会社の嫌がらせと戦ったというNさんから話を聞きました。

「会社でうるさいこと言う奴は叩かれるんだよ。仕事でトラブルが発生すると、全部オレ1人のミスのせいにされるんだ。それで、あいつ会社から目をつけられてるなってなって、関わらない方がいいよ、とばっちり食うよって誰かが言い出して、皆んなオレを無視するようになったんだ。うるさいやつは孤立させとけっていう会社の方針だな。でもそんな奴らと別に仲良くする必要もないし、仕事終わったらさっさと帰るようにしてたら、こんどはプライベートまで見張るようになってね。盗聴とかね。休みの日に出掛けたら映画館の中までついてくるんだよ。誰がやってるのかって?労務だよ。労務部!労務がそういうのを取り仕切ってんの。オレは大学ノートに、いつどこで何をされたとかびっちり書き込んで記録とってね、表沙汰にするぞって詰め寄ったら、相手もまあまあってなって、何とか会社に居残ったんだけどね…」

Nさんという人はどういう人かというと、別に集団ストーカーの被害者ではありません。
初老の共産党員で、パワハラに遭っていたのも若い頃の話です。
Nさんの話で、企業が会社のアカ狩りや組合潰しに昔からガスライティング的手口を使用していたことが分かります。
当時だと、つけまわしは興信所や暴力団に依頼していたのでしょう。

90年代から暴対法がどんどん厳しくなり、暴力団との取引が規制されるようになり、集団ストーカーは創価学会が取り仕切るようになりました。企業は法令遵守、コンプライアンス遵守とクリーンなイメージをアピールしながら、単に裏仕事を暴力団にではなく創価学会やら警察の天下り団体に頼むようになったというだけのことだったのです。
頼みやすくなったので、自分の出世の邪魔になる社員や、赤字削減のための大量解雇まで、何でもかんでも集団ストーカーという状態です。創価学会に頼むと有名タレントとデートできちゃうおまけ付きです。

こうなると暴対法というものも、不正を取り締まるというより、ヤクザから利権を奪うための法律なのかと思えてきます。ヤクザ組織が街から消え、チンピラが好き放題に暴れ回りお年寄りや社会的弱者をハゲタカのように狙う、そんな世の中になってしまったのでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

Category: 集ストに関する情報

tb 0 : cm 0   

諸悪の根源は新聞なのか(4)  

諸悪の根源は新聞なのか(1) 〜(3)で読売新聞と創価学会、暴力団との深い繋がりについて書かせていただきました。その読売新聞が集団ストーカーとどのように関わっているのか。興味深い記事をご紹介します。

渡邉恒雄氏が特定秘密保護法の有識者会議「情報保全諮問会議」の座長に就任する危険性、読売新聞販売店と警察組織の「防犯」を通じた特別な関係

☆〈一部抜粋〉
全国読売防犯協力会のウエブサイトより
わたしたちの組織「全国読売防犯協力会(略称・Y防協)」は、2003年、凶悪犯罪が続発する中、市民も団結して犯罪抑止に立ち上がろうというメッセージを込めた「治安再生」のキャンペーンに読売新聞社が取り組み、これを契機に、各地の読売新聞販売店(YC)も地域の犯罪防止にひと役買おうと作ったボランティア団体です。各地で警察の協力を得ながら設立した弊会は、翌2004年に全国約10万人のスタッフが参加する全国組織となりました。(略)  

端的に言えば、読売新聞の販売店と警察が協力して、防犯活動を展開するという趣旨である。たとえば、新聞配達員が集金先の民家で、過激派ふうの怪しげな人々が集まっているのを目撃した場合、販売店から警察に通報することになる。つまり新聞販売店の店員が準警察官のような役割を果たして、警察の防犯活動に協力するのだ。これが講じるとスパイ活動にもなりかねない。

同会の具体的な目標としては、次の4項目が明記されている。

(1)配達・集金時に街の様子に目を配り、不審人物などを積極的に通報する
(2)警察署・交番と連携し、折り込みチラシやミニコミ紙などで防犯情報を発信する
(3)「こども110番の家」に登録、独居高齢者を見守るなど弱者の安全確保に努める
(4)警察、行政、自治会などとのつながりを深め、地域に防犯活動の輪を広げる

〈引用ここまで〉


集団ストーカー被害者にはおなじみのキーワードがたくさん出てきますね。

●防犯活動…………やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視
●こども110番……一方的にDVの疑いを掛け、子供をさらう児童相談所の実態
●見守り活動…………お年寄りにガスライティング。福祉業界の集団ストーカーについて 2


最初の記事からさらに引用します。

☆かつて中米のグアテマラで、住民が警察や軍の管理下で、「防犯活動」を展開する制度が導入され、解放戦線を徹底的に取り締まる政策が敷かれたことがある。住民による住民の監視制度である。当時、グアテマラで先住民族に対するジェノサイド(皆殺し)作戦が展開された事実を見ても、このような制度が「治安維持」の道具として運用されていたことは間違いない。
ちなみにジェノサイド作戦を容認していた元将軍で大統領職にあったリオス・モントは、晩年になり、民主化されたグアテマラの法廷に立たされ、2013年5月、禁固80年の判決を受けた。その後、ただちに牢獄に送られた。
〈引用ここまで〉


民間による防犯活動というと聞こえはいいですが、目的は国民の監視です。相互監視が行き届くと犯罪が減るのでしょうか?「不審者」を排除すれば安全に暮らせるのでしょうか?


インドネシアを例にとってみましょう。
ドキュメンタリー映画「アクト・オブ・キリング」によると、インドネシアでは1960年代に右派の自警団「パンチャシラ青年団」による、200万人を超える市民の大量虐殺がありました。表向きは共産党関係者の殲滅というスローガンを掲げているのですが、この青年団は地元のゴロツキを招集したものであり、今でも英雄として悠々自適に暮らしている老人がヤクザの親玉であることが映画の中で語られています。共産主義者弾圧の目的が「収入源であったアメリカ映画の上映を規制しようとした」ことにあるということも。
さて、ヤクザの利益のために多数の国民を惨殺したインドネシアという国は今どんな国になったのでしょうか。豊かな資本主義国家になったでしょうか?

Yahoo知恵袋より インドネシアの治安は 日本と比べるとどの程度なんでしょうか?
〈記事引用〉
☆インドネシアの治安で一番怖いのは警察です
良く冗談で警察が喋るのはminta uang sajaって言います
意味は金をくれ。
運転免許なんて持ってない人が多い登録書に1000円程度入れればOK
とても安全とは言えない国です
首都のジャカルタでこれですので地方は更に悪化します
首都圏でも危ない場所が沢山あります
その地区に行くとタクシーが窓を閉めもう一度ロックをかけます。

刑務所がそもそも殺人罪でも数カ月で表を歩いてます。
現在は問題になり刑務所から出られるとは聞きませんが
お金を払うと★×5ホテル並みに生活できます。
もちろん看守にお金を払うか強力なコネクションが必要
〈引用ここまで〉


このように世の中というものはお金の流れを追うと全てが明らかになってくる訳ですが、人間、金や権力を持つと要らない欲が出てきます。
創価学会が芸能人、著名人を熱心に勧誘するのは、デート商法で企業の幹部などを籠絡するためと言われています。
「これを買ってくれたら○○ちゃんとデートできるよ♪」という戦略です。
リストラ目的の集団ストーカーを一番多く発注していると言われるI社は、タレントとのデートのために社員を自殺へ追い込んでいると、業界では有名なのだそうです。
いつか全てが明らかになるでしょう。

石原さとみの唇がもう少し久本雅美だったら、彼は自殺しなくて済んだのか…。

どこからかそんな声が聞こえてきました。


諸悪の根源は新聞なのか(1)
諸悪の根源は新聞なのか(2)
諸悪の根源は新聞なのか(3)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

Category: 集ストに関する情報

tb 0 : cm 1   

諸悪の根源は新聞なのか(3) 

読売新聞の問題の捏造記事 —>>> 客の顔情報「万引き対策」115店が無断共有 記事:畑武尊


読売新聞記事に捏造の疑い、取材対象者から抗議受けた記者は「いい宣伝になったでしょ?」  
Business Journal ブラック企業アナリスト新田龍氏寄稿


【読売防犯カメラ誤報騒動】読売新聞に誤報騒動「万引き犯やクレーマーの顔写真データを複数店舗で無断共有」記事に開発会社噛み付く「誤報だ。法的措置を講じる」 BuzzNewsJapanより


捏造記事を書かれた万引き防止システム開発会社は、読売新聞を営業妨害で訴えるようです。
問題の読売新聞記者 畑武尊は顔認証や防犯カメラのシステムに非常に関心を持っていたそうです。開発企業をいくつも取材しており、今回捏造記事の対象となった会社も畑記者から取材の申し込みを受け、応じたそうです。30代のベテラン記者が自身が関心を持つ時事に対し自分で取材して書いた記事なのですから、誤報というより捏造と取られても仕方がないでしょう。むしろ防犯システムにネガティブな印象を持たせる記事を書くために取材をしていたという印象を持ちます。

集団ストーカーの被害者がスーパーやコンビニへ行くと、店員がすぐ飛んで来て、棚の整理をする振りをしながら露骨に監視してくるという目に遭います。創価店員の場合もありますが、仕事中の店員が嫌がらせのためだけにそこまですることは考えにくいです。被害者が万引きを疑われるように、ストーカーが実際に万引きをして廻っていると思われます。万引き防止システムに引っ掛かるのは万引きをしているストーカーの方です。行き届いた防犯システムがあればむしろ安心して買物ができるのではないでしょうか。このシステムを導入した店舗によると、不当な監視を受けたなどの苦情は1件もないそうです。

マスコミに公正な報道を求めます。

(おまけ)マスコミの腐り方
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455744404
〈記事引用〉
昔、私はある新聞社の印刷工場で働いていました。
社員の中に創価学会員の人間がいまして、
その人物が聖教新聞の印刷を受注するために尽力しました。
売り上げにして数億円規模ですから、聖教新聞社は
会社にとってかなり大口のお得意様になったわけです。
その後、その学会員の社員はどんどん出世して重役になり、
人事にも口を出し、多くの学会員をコネで入社させる様になりました。
会社としては大きな収入源である「聖教新聞の印刷」を失いたくないがために
その重役の言いなりになっている状態でした。つまり「創価の言いなり」です。
「こうやってマスコミって腐っていくんだなぁ」と思いながら
私は会社を辞めました(笑)

諸悪の根源は新聞なのか(1)
諸悪の根源は新聞なのか(2)
諸悪の根源は新聞なのか(4)

暴かれつつある集団ストーカー
集団ストーカーの歴史


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

Category: 集ストに関する情報

tb 0 : cm 0   

諸悪の根源は新聞なのか(2) 

「聖教新聞」の印刷委託で読売新聞社が毎日新聞社を猛追 『週刊新潮』 2007.04.19

創価学会の発行する新聞は聖教新聞と公明新聞。発行部数は公称で聖教新聞が550万部、公明新聞が80万部とされ、両紙合わせると、読売と朝日に続く世界ランキング3位に当たります。創価学会はその大量の新聞を全国の新聞社に印刷を委託し、年間100億円をバラ撒いて新聞業界を牛耳っているのです。全国紙では毎日新聞が一番多く受注しており、毎日新聞=創価学会と言われていますが、上記『週刊新潮』によると、読売新聞もその一位に僅差に迫る受注をしているようです。そして広告の受注では毎日を抜いて1位になっています。

聖教新聞印刷委託会社と委託部数の推測(大日本セキュリティ)
【全国紙】
1位 毎日新聞系 約140万部  (印刷工場6カ所)
2位 読売新聞系 約110万部  (印刷工場5カ所)


創価学会系団体の全国紙/地方紙「広告出稿」ランキング

(宝島NFシリーズ 「池田大作と暴力団」より引用)
1位 読売新聞
2位 毎日新聞
3位 中日新聞
4位 西日本新聞
5位 北海道新聞
6位 朝日新聞
7位 産経新聞
8位 日本経済新聞

大手の新聞社はテレビ、ラジオなど多様なメディアに進出しています。
そこに金をバラまくことで、創価学会にとって都合の悪いニュースは報道できないというマスコミを構築しているのです。創価学会は公明党を作って政界に進出し、今や与党です。マスコミが特定の政党の都合の悪い報道を絶対にできないと考えると、日本がどれだけ異常な状態か解っていただけると思います。
創価学会についてはインターネットでもたくさんの記事がありますし、本も出ています。私のおすすめはブログ右に紹介している宝島NFシリーズ 「池田大作と暴力団」です。創価学会は海外でもトラブルが絶えず、フランス・ドイツ・オーストリア・ベルギー・チリで「カルト(セクト)指定」されており、米議会下院でも「危険な組織」に指定されています。
「池田大作と暴力団」によると、フランスの原子力エネルギーセンターの技術者を狙って入信させ、中性子爆弾の情報を狙っていたと言います。

集団ストーカーの被害に遭ってる人は、加害組織としてよく創価学会の名前を挙げます。1人の人に集団でつきまとい、盗聴、盗撮で個人情報を調べ上げ、それを元に嫌がらせをするのです。企業は社員のリストラやライバル会社を潰すために集団ストーカーを依頼するのですが、実行部隊やはりは創価学会であることが囁かれています。
〈参考記事〉
●企業の言いなりになり、社員を病人に仕立てる!? オリンパス事件は氷山の一角 現役産業医が語る「リアルでブラックなクビ切り術
☆「私が相談を受けた集団ストーカーは、大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。

『情報』の影に創価学会あり。国家機密からお年寄りの財布の中身まで、あらゆる『情報』を掌握することで日本をコントロールし、教団の利益のために邁進している諜報組織とも言えるのではないでしょうか。

先週、読売新聞の『捏造記事』の報道がありました。

読売新聞記事に捏造の疑い、取材対象者から抗議受けた記者は「いい宣伝になったでしょ?」 Business Journalより

こちらがその捏造記事です。
 ↓
客の顔情報「万引き対策」115店が無断共有

記事はスーパーマーケットの防犯システムのことで、万引き犯や悪質なクレーマー(ゆすり、たかりの輩)を本人の同意を得て顔認証システムに登録し、来店したらシステムが検知し店員に知らせるというもの。記事ではその顔情報が115店の他店舗に共有されている、知らない間に登録されることもあり得るなど虚偽の記述をし、読者の不安をあおっています。

「ペンは剣より強し」と言いますが、捏造記事で相手を潰すというのは3流雑誌のすることです。創価学会読売新聞はなぜ店舗の防犯システムをそこまで嫌がるのでしょうか。何か都合の悪いことが写ってしまうのでしょうか? 何か後ろめたいことがあって、それがバレてしまうのでしょうか?

「監視社会」という言葉はネガティブに使われることが多いですが、加害者側も監視される時代になったということを記しておきます。

諸悪の根源は新聞なのか(1)
諸悪の根源は新聞なのか(3)
諸悪の根源は新聞なのか(4)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

Category: 集ストに関する情報

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。