06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

A I I B について理解したこと 

アジアインフラ投資銀行(A I I B) については、そんなの上手く行きっこないよという楽観的な意見が多いですが、日本とアメリカ以外の主要国がほとんど参加表明しているという異様な事態が気にかかるので、いろいろと調べてみました。(ネットで)

そもそもアジアのインフラなら米国主導のアジア開発銀行(ADB)があって、途上国にドルを貸しています。途上国はそのお金で道路、電力、港湾施設などを整備し、経済を活性化して借金を返して行くという仕組みになってます。
麻生財務相が「返ってこないお金は貸せない」と言っているように、ADBは厳しい審査があって、お金を返してくれなさそうな国には貸さないのです。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の目的というのが、シルクロード横断鉄道計画らしく、大陸の端っこからヨーロッパまで鉄道を敷いて、経済を発展させようという壮大なものです。ただ砂漠を横断しても仕方が無いので、ちょこちょこ南下して港を経由するコースをとりたいため、海沿いの国との協力関係が必要なのです。

これが実現すれば、アジア大陸が1つの経済圏として発展する?
そうでしょうか?
返済能力がなさそうな国にまでお金を貸して鉄道を敷かせ、それで収益が上がらなかったらどうなるでしょう。

ミナミの帝王 萬田銀次郎風に言うと
「貸したゼニはノドの奥に手を突っ込んででも取り立てまっせ〜」
とはならないでしょうか。
インフラ整備を甘いエサに、売り上げを片っ端から吸い上げていくとしたら。
歴史を繰り返し、中国による周辺諸国の属国化が始まるのではないでしょうか。そして中国そのものが弱っているならば、そのお金が更にヨーロッパへ吸い上げられ、アジア全体が植民地化し、貧しくなっていくのでは。

大陸横断鉄道のルートにクリミアがあるという話もあります。内陸に入り込んだ港湾施設があり、重要拠点になるはずでした。それを察知したアメリカがウクライナの民主化運動を焚き付け共産圏から切り離そうとしたが、ロシアが港湾施設のあるクリミアだけを奪還したという筋書きだそうです。ロシアはその後A I I B に参加表明しているので、アメリカの敗北ということになると思います。(余談ですがクリミアにはもう一つの鳩の巣があるらしい…)

日本がAIIBに参加するメリットはなさそうです。ただAIIBがグダグダになって実現しないような外交努力は必要かと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 0 : cm 2   

日本が孤立する? 

中国が創設した国際開発金融機関である「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)へ参加するか、しないか。
これが世界の国々の関係を再構築するような、すごいことになっているらしいです。
「ひょう吉の疑問」というブログに詳しく解説されています。

「日本から中国に交代するアジアの盟主」

http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/faff288b84785a1745f396ac703e350c?fm=rss

簡単に説明すると、これまでの貿易はアメリカ主導でドルを基軸にやってきた訳ですが、近頃急速に発展してきた中国が、
「お友達限定で、中国の元(ウォン)で取引しようよ」と各国に持ちかけた訳です。
最初は南アジアの開発途上国のほのぼのしたサークルだったのに、3月12日にイギリスが突然参加表明したことで、ドイツ、フランス、イタリアなど主要ヨーロッパ諸国も「私も、私も」と、ドドッとなだれ込みました。
ここまで来るとアメリカも平静ではいられません。
米国のルー財務長官は
「…米国の国際的な信用と影響力が脅威にさらされている」と発言しました。
参加表明の締め切りは3月末日。
日本がアメリカの顔色をうかがって、「別に急いで参加しなくても…」などと言っているうちに、昨日お隣韓国が参加表明をしました。日米より、中国と仲良くしますという宣言に近いものです。
アメリカが怒って、在韓米軍撤退となったら、北朝鮮はどうするでしょうか。

それにしてもアメリカと日本だけが取り残された雰囲気になってしまいました。
アメリカなんて、日本が国債をたくさん買ってあげてるから何とかやっていけてるだけですし、大丈夫なんでしょうか。
そういえば、最近ドイツからメルケル首相が来たり、イギリスからウィリアム王子、アメリカからオバマ夫人と、バタバタ慌ただしいような。
脱亞入欧とか八紘一宇とか、日本が100年前に言っててできなかったことを、中国が先にひょいとやっちゃうんでしょうか。まあ、これから中国が安定して発展すればの話ですが。
とりあえず、私の理解力の範囲で解説してみました!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

Category: つぶやき

tb 0 : cm 3   

終戦70周年 竹島の日が無事に終わった 

1945年の大東亜戦争の敗戦から今年は70年目に当たります。

ここからは私の脳内妄想です。
ちょっと不安なことを書きますが、あんまり気にしないでくださいね。

1975年(戦後30周年)
 ●8月15日 三木首相が現役の首相としては始めて終戦記念日に靖国神社参拝

1985年(戦後40周年)
 ●8月12日 日航機墜落事故 死亡者数520名
 ●8月15日 中曽根首相が靖国神社を私人として略式参拝(以後11年間首相による靖国参拝が途絶える)

1995年(戦後50周年)
 ●3月20日 地下鉄サリン事件 死者13名 負傷者6300人
 ●8月15日 村山首相が村山談話「植民地支配と侵略を痛切に反省し心からお詫びする」

2005年(戦後60周年)
 ●4月25日 JR福知山線脱線事故 乗客107名死亡
 ●5月1日 北朝鮮が日本海に向けて地対艦ミサイルを発射

日本の終戦記念日は、お隣の国では解放記念日と呼ばれています。
10年ごとの節目に大きな事件、事故が起こっているので心配です。
休日前というのも共通してますね。

今年は何事も起こりませんように…

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

Category: つぶやき

tb 0 : cm 6   

コメントの返信をしたら「不正な投稿」と拒否されました。 

コメントの返信をしたら「不正な投稿」と拒否されました。
以下がその内容です。↓

高山正之氏によると、植民地では他民族を多く入植させ、その入植者に国を統治させる、または地元マフィアを手中に収めることで裏から操るのが常套手段だそうです。終戦直後、アメリカは半島に帰国しようとする朝鮮人に持ち帰る財産は1000円までという厳しい制限をかけました。インフレが激しかった時代なので正確にはわかりませんが今の10万円ぐらいでしょうか。事実上の財産放棄を求めた訳ですが、この政策が始まった直後から半島への引揚者は激減しました。

朝鮮人は戦勝国民と名乗って日本の法律に従わず、買物をしても代金を支払わない、不法占拠、焼打ち、密輸、強盗、殺人とやりたい放題でした。日本人は自衛のため、朝鮮人とは取引しない、職場に入れない、付き合わないことを徹底しました。そして無知で善良な日本人が被害に遭わないように、朝鮮人の悪口を吹聴しました。「朝鮮人は〇〇だから」という偏見を意図的に持たせたのです。自衛のためのプロパガンダだったのですが、これで真面目に働く朝鮮人も排斥され、生活は困窮したそうです。これが「朝鮮人差別」の実態です。

現在、TPPの件で外国人労働者受け入れについて問題になっていますが、日本はすでに移民受け入れの弊害をまともに食らって、今も立ち直れないでいるのです。
京阪神の街を見るだけでも、旧市街地と言われる戦前からの繁華街は風俗店などに占拠されて特殊な雰囲気を醸し出しています。鉄道のいくつかの駅が集合している街、複数の路線の分岐点など交通至便な場所が多いです。これが大阪の発展を妨げているのだと思います。
パチンコやら朝鮮総連の話など、書き切れない問題がいっぱいあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

Category: つぶやき

tb 0 : cm 3   

在日外国人問題は「差別」ではなく「生存競争」 

集団ストーカーの連中に「日本人じゃないような」顔付きの人が多い、というのが被害者さん共通の意見です。これは貧困ビジネスのカモにされている「社会の底辺の人」だからなのか、カルト宗教団体や暴力団が不良外国人を集めて集団ストーカー実行チームを運営しているからなのかも知れません。被害を受けているのは私たちの方なので、差別や偏見などとは言っていられません。移民推進などわざわざしなくても、外国人はどんどん日本に入ってきています。

戦後、朝鮮人が日本で何をしたかは「三国人」や「朝鮮進駐軍」などで検索していただければ分かると思います。敗戦国であった日本は外国人に対する逮捕権を持たなかったため、外国人犯罪が野放しになっていたそうです。
駅前の一等地はパチンコ屋と言われますが、全国の人口密集地は空襲で焼けているため、土地の持ち主の家族が全員死んでいたり、土地の登記簿のある役所そのものも焼けていたりで権利関係がはっきりせず、当時は建てちゃったもの勝ちだったのです。疎開先から戻って来たら、自宅跡地に別の建物が建っていたということもあったのです。法律の手が届かなかった戦後数年の間に、「三国人」は闇商売で一財産を築いて裏社会を牛耳るようになり現在に至っています。日本の国土の50%は持ち主がはっきりしない、境界があいまいであると国土交通省が発表していますが、はっきりさせると困る人達が大勢いるはずです。更に朝鮮戦争の余波で、韓国済州島から20万人といわれる難民が日本にやって来て、各地に朝鮮部落を形成しました。

中国人の移民は1980年代の中国残留孤児の帰還事業が起爆剤になりました。敗戦後、大陸からの引き上げ時に多くの日本人の子供が取り残される事態となり、30数年の間放置されていたのです。日中の国交回復を機に、その子供達を家族と引き合わせようということになり、テレビでも感動の再会シーンが大々的に流されました。両親や親族に再会した子供達は中国人の家族を連れて日本に戻ってきました。家族が見つからなくても自費で戻って来た人達を含めると総勢6千余人。そしてその家族が25万人もやってきたのです。1人あたり平均40人の親族を連れてきたことになります。日本語も話せないのにいきなりやってきてももちろん仕事に就ける訳がありません。この人達のほとんどが生活保護受給者となり、この残留孤児2世、3世は「怒羅権(ドラゴン)」という暴力組織となり、中国ヤクザと気脈を通じるようになります。

私自身が古老から聞いた話ですと、京阪神地区は鳴尾浜の沿岸で戦後、朝鮮人による密輸が行われていたそうです。密輸といっても三国人は取り締まり対象外なので堂々とやっていたのでしょう。アジアから生ゴムなどの工業製品の原料を仕入れ、同じ朝鮮人の経営する工場へ格安で流していたそうです。それによってある地場産業が朝鮮人に取って代わられました。格安の原料を仕入れていたのですから当然の成り行きです。朝鮮人の工場では日本人の工員がイジメに遭うという話も広がり、その産業は工場から下請けまでほぼ完全に朝鮮人のものになっていきました。そして1980年代だと思いますが、その事業主が韓国に渡って技術指導をしたそうです。しばらくすると「韓国製」の安い製品が出回るようになり、せっかく奪い取った地場産業が衰退していきます。さらに追い打ちを掛けるように1995年の阪神淡路大震災により大ダメージを受け、今度は中国製にシェアを奪われてしまうことになります。

以上のような情報から、私は移民に反対しています。
移民は決して国益にはなりません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

Category: つぶやき

tb 1 : cm 6   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。