09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

集団ストーカーの歴史 

証拠調査士の平塚俊樹氏にお会いして取材させていただき、
集団ストーカー周辺の事情が、かなりはっきりしてきました。
自分なりの見解としてまとめてみました。
ソースのない情報ですが、参考までにご一読いただきたいと思います。
ご意見などあれば、是非コメントを頂きたいと思います。

〈創世〉
集団ストーカー・ガスライティング行為はヨーロッパ諸国で古くから伝わる軍事戦略です。偶然を装った静かな戦争として、要人の抹殺などの謀略に利用されてきました。シェークスピアの「ハムレット」にも、その一端をかいま見ることができます。

〈発展〉
この辺の事情は〈コインテルプロ〉と検索していただければ、ほぼ解説し尽くされています。英国MI6、米国FBIなど、欧米各国では警察や軍事・諜報機関で集団ストーカーを研究・実践しています。軍事戦略ですので、軍隊では集団ストーカー・ガスライティングを学ぶそうです。つまり欧米では一般にもかなり広く知られているということです。日本には軍隊がありません。自衛隊では集団ストーカーを教えていない。加害者サイドから見ると、やりたい放題やれるおいしい国ということになります。具体的な手法については、ブログ画面右上にPDFでまとめているのでご参照ください。

〈日本への攻撃〉
欧米に端を発した軍事謀略ですので、古くはキリシタンの時代からキリスト教系信者を利用していたと推察されます(これはもちろん信仰を非難するものではありません)。
一般人に対する集団ストーカー行為を本格的に始めたのは大企業と呼ばれるような資金潤沢な民間事業者です。小泉首相の時代、構造改革の名の下に欧米型成果主義を取り入れる企業が相次ぎました。リストラという言葉が流行しましたが、欧米系の成果主義の人事マニュアルは最後に集団ストーカーで設計されており、社内イジメ → 精神的不調 → 自主退職、という形に落とし込んでいるようです。日本人の生真面目な気質が裏目に出て、「上司からの命令」は絶対ということで、容赦ない集団ストーカー・ガスライティング行為が社内で行われ、社外では暴力団を使った工作が行われました。暴力団の取り締まりがキツくなって以後、創価学会などの宗教団体が請け負っているとのことです。

集団ストーカーのマニュアルを日本の企業向けに練り直した人が霞ヶ関の辺りにいるとかいないとか。会社側は業績回復を期待して、顧問弁護士、コンサルティング会社の指示に従い躍らされた訳ですが、そのコンサルティング会社側に何らかの思惑があればどうなるでしょう? また集団ストーカーのターゲット選びに社外の怪しげな組織の利害が絡んでいた場合はどうでしょう?
日本の大企業の凋落ぶりを見ると、その辺りに原因があるように思えます。
小耳に挟んだ話で恐縮ですが、沖縄の大手企業には、経営陣がすっかり中国人にすり替わってしまった所が多くあるとのことです。

集団ストーカーを行う企業はブラック企業という考え方は誤りで、むしろ優良企業が狙われているのです。
「成果主義」、「実力重視」、「コンプライアンス遵守」を掲げている会社は集団ストーカーを行っている可能性が高いということです。これから就職される方は気をつけましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 集ストに関する情報

tb 2 : cm 10   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。