05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

在日外国人問題は「差別」ではなく「生存競争」 

集団ストーカーの連中に「日本人じゃないような」顔付きの人が多い、というのが被害者さん共通の意見です。これは貧困ビジネスのカモにされている「社会の底辺の人」だからなのか、カルト宗教団体や暴力団が不良外国人を集めて集団ストーカー実行チームを運営しているからなのかも知れません。被害を受けているのは私たちの方なので、差別や偏見などとは言っていられません。移民推進などわざわざしなくても、外国人はどんどん日本に入ってきています。

戦後、朝鮮人が日本で何をしたかは「三国人」や「朝鮮進駐軍」などで検索していただければ分かると思います。敗戦国であった日本は外国人に対する逮捕権を持たなかったため、外国人犯罪が野放しになっていたそうです。
駅前の一等地はパチンコ屋と言われますが、全国の人口密集地は空襲で焼けているため、土地の持ち主の家族が全員死んでいたり、土地の登記簿のある役所そのものも焼けていたりで権利関係がはっきりせず、当時は建てちゃったもの勝ちだったのです。疎開先から戻って来たら、自宅跡地に別の建物が建っていたということもあったのです。法律の手が届かなかった戦後数年の間に、「三国人」は闇商売で一財産を築いて裏社会を牛耳るようになり現在に至っています。日本の国土の50%は持ち主がはっきりしない、境界があいまいであると国土交通省が発表していますが、はっきりさせると困る人達が大勢いるはずです。更に朝鮮戦争の余波で、韓国済州島から20万人といわれる難民が日本にやって来て、各地に朝鮮部落を形成しました。

中国人の移民は1980年代の中国残留孤児の帰還事業が起爆剤になりました。敗戦後、大陸からの引き上げ時に多くの日本人の子供が取り残される事態となり、30数年の間放置されていたのです。日中の国交回復を機に、その子供達を家族と引き合わせようということになり、テレビでも感動の再会シーンが大々的に流されました。両親や親族に再会した子供達は中国人の家族を連れて日本に戻ってきました。家族が見つからなくても自費で戻って来た人達を含めると総勢6千余人。そしてその家族が25万人もやってきたのです。1人あたり平均40人の親族を連れてきたことになります。日本語も話せないのにいきなりやってきてももちろん仕事に就ける訳がありません。この人達のほとんどが生活保護受給者となり、この残留孤児2世、3世は「怒羅権(ドラゴン)」という暴力組織となり、中国ヤクザと気脈を通じるようになります。

私自身が古老から聞いた話ですと、京阪神地区は鳴尾浜の沿岸で戦後、朝鮮人による密輸が行われていたそうです。密輸といっても三国人は取り締まり対象外なので堂々とやっていたのでしょう。アジアから生ゴムなどの工業製品の原料を仕入れ、同じ朝鮮人の経営する工場へ格安で流していたそうです。それによってある地場産業が朝鮮人に取って代わられました。格安の原料を仕入れていたのですから当然の成り行きです。朝鮮人の工場では日本人の工員がイジメに遭うという話も広がり、その産業は工場から下請けまでほぼ完全に朝鮮人のものになっていきました。そして1980年代だと思いますが、その事業主が韓国に渡って技術指導をしたそうです。しばらくすると「韓国製」の安い製品が出回るようになり、せっかく奪い取った地場産業が衰退していきます。さらに追い打ちを掛けるように1995年の阪神淡路大震災により大ダメージを受け、今度は中国製にシェアを奪われてしまうことになります。

以上のような情報から、私は移民に反対しています。
移民は決して国益にはなりません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: つぶやき

tb 1 : cm 6   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。