01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

謹賀新年 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

お正月は京都に豪雪と聞き、早起きして金閣寺に行ってきました。
なかなか見ることのできない雪景色の金閣寺です。
今年は良い年になりますように。

20150102.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: 日記

tb 0 : cm 4   

コメント

警察との関係について

 たたむ様

 お元気ですか?
色々あるようですが、ブログの更新を楽しみにしています。

 関西方面の被害者の方のブログを拝見してちょっと気になったことがあります。

 警察の強制尾行が存在するのは事実でしょうが、集団ストーカー被害者に対しては別の見方ができるんじゃないでしょうか。

 現在、創価学会が実行部隊、と発言する被害者は少なくありませんが、こういう人は創価学会から見れば敵なわけです。こういう人は、集ストとは無関係に創価学会から狙われてもおかしくありません。
 狙われているとわかっていれば、警察としても保護のために動くはず。

 これは私の体験から受けた感覚です。

 講和条約のカラクリについて書き始めて急に身の回りに警察が増えたことは以前もお知らせしたと思いますが、それは、明らかに私の周囲に気を配るものでした。
 話題から言って身の危険を覚悟し、いつ何があってもおかしくないと思いながら書いてたわけですが、周囲に、警戒体制であることをしらせるように制服姿のお巡りさんがついて下さるのに支えられながら、日々を過ごしてました。

 一番警察の姿が増えたのは、講和条約のカラクリは在日の存在を前提としている、全国規模の監視弾圧は在日なくして不可能だった、と書いた時です。
 100メートル間に10人ぐらいお巡りさんがいたんじゃないかとおもいますが、私の前には3台の自転車が先導車状態で付き、周囲の店内にまで目を配りながらの移動となりました。私服を含めたらいったいどれだけの人が動いたんだか・・・・。 

 理由がわからないながら制服姿でない人たちが守ってくれているのはずっと知ってはいましたが、ああいうはっきりした形での警護がなければ、到底あの時期を耐えられなかったろうと思います。

 私はたまたま非常に勘のいい性質で、善意、悪意や興味本位にかかわらず、まとわりつく人を大概見分けられるのですが、普通の人は気づかないと思います。そうすると制服姿の警察だけが付回しているように見えてしまいます。

 HPVワクチン反対を繰り広げた際は、実際あり得ない状況で立て続けに事故にあいました。その気になれば何をされるかわからない中、警察以外に私たちを守ってくれる存在はありません。

 もちろん、警察の内部に問題があるのは事実でしょうが、警察全体が一般国民多数を攻撃するとは思えません。実際に攻撃する気なら、強制尾行どころではなく消す事だってできるはずです。

 最近気づいたのですが、警察の縦割りのせいか、私の警護についているお巡りさんたちは集ストの存在をそもそも知らないようです。
 どうも、私個人の身に危険があるので周囲を警戒している、と言う形のようです。
(以前、集ストの捜査に人員が大量導入されたときとは明らかに動きが違う)
 
 集スト周知のために有効な声をあげる人たちは、集スト加害者からすれば邪魔な存在であり、即、身に危険があります。警察では、集スト被害者としてではなく、明確に身体に危険がおよぶ存在、として保護すべき対象とするでしょうし、それが在日が絡むものなら、警察は発言できないんでしょう。
 
 少なくとも、あれだけはっきりとパトカーがついてくれれば、警察権力に真っ向から対抗できる者でない限り、集スト被害者に手出しができないのは確かです。加害者が手段を選ぶとは思えません。
 
  どうやって警察をうまく味方につけるか、ちょっと考えているところです。


以上

警察を味方につける #- | URL | 2015/01/12 23:43 [edit]

Re: 警察との関係について

大阪の動きというのはこちらの講演会のことですね


大河原宗平大阪講演会!
~警察が何故集団ストーカーをするのか?~

日 時:平成27年2月14日(土)午後6時~9時
場 所:大阪市立阿倍野区民センター
講 師:大河原宗平さん(元群馬県警警部補)
参加費:1,000円
主 催:大河原宗平大阪講演会事務局
協 賛:集団ストーカー流し街宣の会
http://blog.livedoor.jp/ninntibokumetu/


遠方からも参加者が集まっているようですね。
これを聴きに行ったからと言って警察と対立する訳ではありません。
裏社会ネタが好きな人も興味のある内容だと思います。

かれこれ3年程ポスティングを続けていますが、警察の職務質問を受けたことは一度もありません。
街宣活動のときに来られていた制服のお巡りさんも、こういう活動は助かりますと言ってくれました。
集団ストーカーの周知活動と警察は対立するものではありません。
警察に詳しい方に聞いたところでも、警察が民間人に尾行の仕方などの奥の手を教えるなんてあり得ないと言ってました。

ただ警察の3〜4割は創価学会員だと言われています。
それと警察の情報を引き出せる民間人、警察OBという存在があります。
警察OBは、パチンコ業界から大企業、警備会社、興信所などあらゆる場所に用心棒として天下りしています。
リストラ工作の集団ストーカーに、このネットワークが総動員される訳がわかりますよね。

私の目撃談をご紹介します。

保守団体の署名活動に参加したときのことです。
横断歩道のある交差点の一角で、10人程度で署名の呼びかけをしていました。
信号を渡った側の歩道でスマホをチラチラとこちらに向けながら、じっと立ち尽くしているオバチャンがいました。気になったので主催の方に話すと、左翼が写真を撮ってるのかもしれないと言って、スタッフの男性(A君)をオバチャンの近くに行かせました。A君が署名の板を首から掛け、オバチャンの後ろで「署名お願いしま〜す」など言っていたら、オバチャンは誰かに電話をかけ、しばらくすると息子ぐらいの年の若い男が現れ、一緒に去って行きました。主催の方は、ただの待ち合わせみたいだったね、と笑っていました。
しかしその後すぐにオバチャンの立っていた場所にミニスカの制服を着た女子高生3人組が現れました。信号が青になっても渡ろうともせず、ただA君に背を向け、並んで立っているのです。
そこへ1台のパトカーがぬっと現れ、A君の方に車を向けてしばらくの間、停車していました。
集団ストーカー被害者の男性なら分かると思いますが、ミニスカートの女が被害者のすぐ前をノロノロ歩き、被害者が女の後をつけているように見せかけ、それを第三者(駅員、警備員など)に目撃させるという典型的な手法です。
あとでA君に確認したら、やはり異常な雰囲気を感じたそうです。
なぜターゲットでもないA君にそんなことを仕掛けたのか理解に苦しみますが、集団ストーカーのマニュアルにどっぷり浸かっていて、それしか思いつかなかったのでしょう。
一部の警察と集団ストーカーは仲良しなのですよ(笑)

たたむ #- | URL | 2015/02/04 21:47 [edit]

 たたむ様

 お元気そうで何よりです。

大河原さんもそうですが、気になっているのはこちらです。

『新年のご挨拶!/国民の血税を使った人権侵害!創価の犬・鳥取警察署の集団ストーカー・強制尾行!』
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11971811589.html

 私自身、お巡りさんが行く先々に同じように出現するので状況はよくわかります。ただ、私はこれを、「強制尾行」ではなく、「警護」のためだと思っています。

 偶然を装って、何度か事故を仕掛けられてます。打ち所が悪ければどうなっていたか、というケースが立て続き、さすがにその後、気をつけてはいますが限度があります。
 制服姿のお巡りさんが見えるところにいてくれれば、余程のことがない限り、あちらも手は出してきません。よって、お巡りさんの姿が見えると安心できます。

 強制尾行、とは、本人にはわかるけれども他の人にはわからない形で行うはずで、このように、誰が見ても警察がそばにいますよ、といわんばかりの状況は、警備のためだと思います。

 警察の一部に入り込んでいる集スト組織があることに疑問の余地はありません。 周知活動に何が問題があると思ったわけではなく、警察への違う見方があるのではないかというつもりでした。

 警察に関しては、いつか交番に周知に行った折、それまで親切に対応してくれた若いお巡りさんが、集団ストーカーといった途端に顔色を変え奥に引っ込んでしまったことがあります。
 そばにいた別のお巡りさんを捕まえて詳しく説明しておきましたが、被害初期の情緒不安定な頃に、それは病気だといわんばかりの邪険な対応をし、何も知らないそばのお巡りさんにもそう思わせるように誘導することは簡単だと思います。

 所轄の生活安全課でも、ある非常に感じの悪い相談員が異様な高確率で出てきます。若い人に代わってくれ、といってもダメだと断り、とにかくタカピシャに警察では何もできない、というばかり。

 集ストの存在を知る一部の警察が、集スト被害者を実質的にシャットアウトし、かつ、警察内部での周知を妨害・誤誘導を行っているのではないかと。

 それならば、何か手を打つ手がありそうな気もするのですが、今のところちょっと考え中。

 なお、警備に当たってるお巡りさんは、意外なことに、集団ストーカーが何か全くわかっていなかったようなので、チラシを渡しておきました。単に、危ないので警備してる、という状態だったようです。学習してくれたかな?

 一応、警察が集団ストーカーやってると思われてるんですよ、ってことも伝えておきました。


 無国籍韓国人は、凍結状態の大日本帝国人ということになり占領軍の管轄で、日韓政府は手を出せないんじゃないでしょうか。戦後すぐの不逞朝鮮人状態という感じで。

警察を味方につける #- | URL | 2015/02/05 09:14 [edit]

Re: タイトルなし

『日本でテロを起こさせるな』ツイッターでムハマンドの侮辱画像を投稿した男を徳島県警が24時間
http://news.livedoor.com/article/detail/9751211/
「徳島県警に下された具体的な指示は、『(画像の)投稿者の自宅を完全秘匿で遠くから監視できる固定カメラを多数設置し、警備部の公安捜査官を24時間態勢で張り付かせよ』という厳格なものでした」

↑↑↑
上のような報道もありましたし、本人の知らない間に厳重警備されちゃっている人もいるんでしょうね。
私はマンション前の居座りが酷かった時に、何度か110番して付き纏い野郎をパトカーに引き取ってもらいました。
いつでも呼んでくださいと言って下さったお巡りさんもいらっしゃったし、「友達待ってるだけって言ってるよ」と迷惑そうにされた方もいらっしゃいました。
通報されたときだけではなく重点的に廻っていますよと言われたので、家の近所で頻繁にパトカーを見かけても、むしろ感謝するように心がけています。ただ、警察の尾行のノウハウが集団ストーカーにも悪用されているのは確実です。そのことを訴えても、信じてもらえない(または知らないふり)んですよ。


たたむ #- | URL | 2015/02/12 23:59 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gaslighting.blog.fc2.com/tb.php/104-2462b755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。