07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

第三者への周知 

やっと過ごしやすい季節になってきました。
8月中は、1時間程度のプチポスティングの他、
被害者でない方をミーティングに呼んだり、
アポをとって会ってもらったり、
集団ストーカーというものを知ってもらうため
みんなで奮闘しました。

集団ストーカーを全く知らない人に、これが実在する犯罪であることを説明するのは、口頭だけではなかなか難しいです。
集団ストーカーに関する日刊サイゾーの一連の記事、ツカサネット新聞の「やりすぎ防犯パトロール」の記事、ガスライティング解説他、インターネットのサイトをプリントしたものをたくさん持って行きました。
その他、持って行ってよかったと思ったものを書いておきます。
何かのご参考になればと思います。

平塚俊樹著 「Lowより証拠」「証拠調査士は見た! 〜すぐ隣にいる悪辣非道な面々」

集団ストーカーの構造図

集団ストーカー被害者の会ネットワークのデモ行進の動画
第4回集団ストーカー 東京新宿デモ行進

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 広報について

Thread: ブラック企業

Janre: 就職・お仕事

tb 0 : cm 11   

コメント

いつも参考になる内容ありがとうございます。変ですが、真正の被害者です自分。

匿名岐阜 #- | URL | 2013/09/08 21:48 [edit]

Re: タイトルなし

集団ストーカーの構造図は、これまでの情報を整理したらこうなったというもので、新しい情報があれば改訂します。第三者の方に被害の話しをすると、そんな大勢の人を動かすなんてお金がかかり過ぎる、何の為にそこまでするのかと質問されます。構造図では“嫌がらせ”が事業として成り立つことを説明しています。

たたむ #- | URL | 2013/09/14 19:49 [edit]

こんばんは、大阪に住む集団ストーカーの被害者です。
集団ストーカー被害者ときずく頃には
みんな敵のイメージを植え付けられ、
まわりもみんな敵のイメージを送られますが、実はそうでもないです。
被害を冷静に受け止める方法があります。

私は最近は普通に過ごしています。
またお邪魔します。

魔女 #- | URL | 2013/09/20 22:12 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/06 09:04 [edit]

Re: youtubeに動画をアップしました

> http://youtu.be/2xE67RuZz10
>
力作の動画ですね。たくさんの人に見てもらえますように!

たたむ #- | URL | 2013/10/18 21:40 [edit]

周知方法についての提案・居住地の役所に対して

 居住地域の役所に相談して居住地への周知を目指すと言うのをやっています。
なんと行っても近くてアクセスしやすいことと、居住民の訴えにはとりあえず耳を貸し、説明する義務があり、一旦動けば桁違いの効果があると言うのが魅力です。

 犯罪としての立件は現時点で困難ですが、犯罪の周知を住民に呼びかけてもらうこと言うことは可能なはずですし、少なくとも役所職員に注意を呼びかけることはしてくれるはず。


 方法として、

1.首長へのメールや手紙の制度を利用する。

 大概どこにもある制度で、2週間程度で返信することになってます。返信が無い場合は議員に訴える。現在、保坂区長には無視されてますが、区の関連課に連絡をとっているところ。
 東京の被害者の会にも、各区役所への相談を提案中です。


2.保健師さんに相談する

 メンタルヘルスの観点から、病気かどうかは問題なく傾聴的な対応を継続的に行ってます。病気扱いされないだけでも、相談に行くのは気が楽です。チラシ等もっていき、精神的な辛さ等訴え続ければ、この問題の周知活動になると共に、同種の訴えが重なれば課を超えて上層部に問題が行く可能性があります。保健師さん同士のネットワークはかなり大きく、すぐ病気扱いにする精神科医よりはるかに役に立つと思う。
(保健師さんの仕事は妊産婦のケアだけではないというのを知りませんでした) 


3.人権の問題として、男女共同参画課?とかにもっていく。

 安全な生活が営めないのは明らかな人権侵害ということで、特に女性の場合は女性問題を扱う相談所に持っていく。安心できる相談先であるとともに、相談窓口であれば継続的に通うことが可能。私は2カ月通いつめて、相談員を口説き落としました。
 課のほうはまだ口説き落とせませんが、子供の社会のネットイジメが大人の社会でもおこっているのだ、と言う形で訴える予定。


4.電磁波問題として環境課にもっていく。

 さすがに環境問題として携帯の基地局などがあがっているらしく、電磁波の悪用による人体への悪影響については想像の範囲である模様。
 ここから、テクノロジー犯罪がありうるものであることを、役所内に広めてもらう。


5.危機管理室にもっていく。

 社会不安や犯罪として扱ってくれる。
現在、犯罪としての立件は困難だが、自殺を生んでいる社会の危機として訴えて対応を考えてもらう。(こちらはまだ口説き落とせてません)



 とにかく、数が増えれば役所は対応すると言う現実があるので、動き甲斐はあります。

#- | URL | 2013/12/09 21:36 [edit]

追加 ; 人権擁護局


 人権相談と言うのがありますが、居住地域のレベルでは相談員はボランティアらしく、やはり現役バリバリ、新しい問題に積極的に対処、という感じではありません。(現時点では、正直、ムリ?)

 (集スト加害者と噂される人たちが相談員を構成しているとか、基本的に立候補制と言う話もある。 未確認情報です )

 
 法務省では、人権問題としてインターネットの問題に関心が高い世論から、講演会を行っており、そこでパネリストの一人が出すパネルの中に”集団ストーカー”という言葉が明記されてます。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00096.html

 
 これは、と思い、電話してみましたが、どうもパネリストには知識はあるのでしょうが、法務省には知識はない、と言う状態らしい。

 とりあえず、人権擁護局に電話して、資料を送ってみることにしました。(電話では説明しきれないので)
 時間をみつけて、説明にも行くつもりです。

 多分、都道府県の単位になるのだと思いますが、人権擁護局の啓発担当に周知をするというのも一つの手だと思います。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken125.html
 
 あきらかに、人権侵害なわけですし。

 個人的には、インターネットを使った問題が、なぜ子供の世界でだけ起こっていると思えるのか、そのほうが理解できないんですが。

 インターネットでの人権相談も一応あるようです。
https://www.jinken.go.jp/soudan/PC_AD/0101.html

 残念ながら、東京にも被害者の会はあるのですが、なぜか、一人で動かざるを得ない状態。
 他の被害者にアクセスできない現状なので、こちらの存在は、ありがたいです。


 地方では、かなり活発に動きもあるようですが、うまくネットワーク化できるといいですよね。今のところ、共有しているのは、街宣やデモの情報に限られるような感じがします。 
   

#- | URL | 2014/01/08 12:42 [edit]

弁護士会の人権擁護委員会への周知

 各地には、弁護士会がありまず。
http://www.nichibenren.or.jp/bar_association/whole_country.html#KANTOU

 弁護士会では、委員会で人権擁護活動を行っている模様。

 各地で、こういう所にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

例 
東京弁護士会の人権擁護活動の取り組み
http://www.toben.or.jp/know/iinkai/jinkenyougo.html

#- | URL | 2014/01/08 13:07 [edit]

説明にもっていく資料


 説明に行くとき、やはりきちんとした資料があると対応が違います。

 色々やってみましたが、結局はチラシ2,3枚と こちらでご紹介のあった書籍要約版に絞ることにしました。これはよくわかるらしい。

http://gaslighting.up.seesaa.net/image/E382ABE38299E382B9E383A9E382A4E38386E382A3E383B3E382AFE38299E8A7A3E8AAAC-6cb31.pdf

 その他にもいくつかありますが、最初に提示する量が多いと、逆にわけがわからなくなるようです。

 まとめとしては、こちらのプロフィールにある説明がわかりやすいと思っています。

 あと、説明するときに

・付きまといその他は、あくまで被害者を追い詰めるための手法に過ぎず、本質的には悪質なイジメである
(単なるイジメが、理由無く行われるのは周知の事実。これがネットの出現により熾烈化。しかも代行HPの存在が示すように、これが商売化している)


・ネット社会の到来によって加害が容易になり、被害が熾烈化している
(大して手間も金もかからない、子供世界で言われるいじめが深刻な被害を起こしていること、リベンジポルノなどを例に挙げて)


・証拠を残さないようにしているのでデータを示しての告発は困難であり、証拠をとろうとすれば、加害行為を一時中断、変更する。
(常に監視しているのでこれが可能)

・全国に被害者の会があり、街宣、デモ、ポスティング、陳情、ブログ作成などを繰り広げているが、なぜかマスコミはまったく報道しない。
(ミス日本のストーカー問題も日本のマスコミは報道しなかった。読売変態報道のwaiwai事件でしたっけ?あれも報道されなかったそうですね)

・ネット上でも、あくまで病気だとする風説が流布されているために、被害にあっている本人ですら、犯罪被害にあっていると自信をもって断言するまでに時間がかかる。
(きちんと説明すれば、特に若い人には十分あり得る犯罪だと言うことが理解できる。)


・現在、対応できる窓口が、第三者による通報先も含めてどこにも存在しない(これから作る必要がある)


・常に監視対象とされているというストレスだけでなく、実際に人間関係も操作されるため、個人の社会生活が困難になるというだけでなく、社会不安がひきおこされる。
(これでキレル人が出ると、自殺だけでなく、無差別殺人もおこりうる。新聞でも集団ストーカーの語と共に報道されたマツダ事件を例に挙げる。ほんとは、新聞のコピーがあるといいんでしょうけど)

 
 相手の反応によって、説明は変えることになります。
一方的に大量に説明しても理解できないので、こちらでは最初に最低限の説明をして資料を見てもらい、あとは質問してもらうつもりで。
 
 可能であれば、アドレスもらって、追加でネット上の情報を。
 

 既に、きちんと説明すれば理解できる人はいるので、話してみてまったく理解できなさそうなら、相手を変えます。
 特に、役所では、同じ課でも支所ごと、担当者ごとによってまるで反応が違います。
 
 

 これは匿名でも可能なので、ポスティングの延長として、あちこちの相談窓口に資料を持っていく人(電話でも送付でもいいんですが)、が増えるといいと思っています。
(できれば、これを組織化したい。 )



 
 

#- | URL | 2014/01/08 15:02 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/11 15:59 [edit]

Re: 私も被害者です。

集団ストーカーは犯罪の初めが一番精神的にきついので本当に大変だと思います。目的は精神病患者に仕立て上げることなので、不快なことをあれやこれやと仕掛けてきますが自分の気持ちに少し距離を置いて加害者を観察してみてください。くだらない連中であることが解ります。加害者の動画を撮っておけば被害の説明もしやすいですし、被害者交流をするときでも、警察に行く時にも役立つと思います。被害者の団体はいくつかあるので、交流会や街宣に出掛けられてはいかがでしょうか。地元の被害者さんと交流を持つと心強いですよ。

たたむ #- | URL | 2014/04/15 22:57 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gaslighting.blog.fc2.com/tb.php/58-7921e9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。