04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

集団ストーカー・ガスライティング犯罪を知っていますか?

集団ストーカー・ガスライティング犯罪は、ターゲットとなる人の社会的信用を失墜させるため、職場・地域・店舗等あらゆる場所にウソの噂を流す、集団でつき纏うなど、巧妙に仕組まれた嫌がらせ行為です。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

集団ストーカーと戦うということ 

プチ・マジンさんからコメントをいただきました。

>このブログで、サンフランシスコ条約のことがでてくるとは、思いませんでした。

正確に言うと私が持ち出した訳ではなく、一つ前の記事で「台湾は日本の固有領土」さんからいただいたコメントなんですが。
台湾は日本の固有領土さんからいただいたコメント(記事下)

でもこのやりとりで、集団ストーカーの正体についての本音というか結論のようなものがついてしまいました。
ホント言うと、このブログではアメリカとかあまり出したくなかったんです。被害者では無い人にも身近な恐怖として感じ取ってもらうには「アメリカ」は大きすぎるように思いました。
私自身、社内いじめから発生した被害だったこともあり、野村総研の女子社員セクハラ訴訟、オリンパス内部告発者制裁人事訴訟について書かれた日刊サイゾーの記事を中心として、集団ストーカーは実際に存在する犯罪であることを証明しようとしてきました。
本当の正体なんて私にも分かりませんからいろいろ調べたり、人と情報交換しながら手探りで書いてきたんです。そうしているうちにガリレオ2みたいなテクノロジー犯罪を証明するドラマがTVで放映されたりと、ビックリするようなことが起こってきました。末端加害者や警察関係者の内部告発も出てきました。ネットやポスティング活動で情報を広めることと、街宣やデモによって、苦しんでいる被害者が現実にいるということを世間にアピールできたと思います。

集団ストーカーの被害者の方に相談を受けた時に私がいつも言うのは、「つきまといの雑魚の加害者はアリだと思ってください。アリなんか1匹ずつ退治しても、巣穴からいくらでもゾロゾロ出て来ます。アリの巣をつきとめて巣穴ごと退治することですよ!」

私の場合、敵は創価学会とあたりをつけました。調べているうちにソウカの信者に在日外国人が非常に多いことを知り、幹部のほとんどは朝鮮系であることも分かりました。なので、このブログを始める前は、日本から朝鮮人を追い出す活動をやっていました。竹島奪還のデモでは先導車に乗り、アナウンスとシュプレヒコールを担当させてもらいました。
「朝鮮人に警告する!竹島を帰せ 対馬への侵略を止めろ」デモ

今だとヘイトデモとか言われちゃうんでしょうか。倫理上問題だらけで胸がチクチクもしますが、当時はもの凄く怒っていたもので。巣穴を攻撃するといった意味では目的を達成できたのではないかと思います。今では嫌韓が主流になってきましたもんね。個人攻撃ではなく国家vs国家ですよ。


これが私の戦い方です。
さて、台湾は日本の固有領土さんやプチ・マジンさんに敵はアメリカと釘をさされてしまいましたけど、日本にいてアメリカとどうやって戦ったらいいのか、まだ思いつきません。
とりあえずブログ読者の方に『敵はアメリカですよ〜』と訴えておきます。皆でお勉強しましょう。

日本はサンフランシスコ講和条約で独立国として承認されていなかった!?(調印した苫米地全権大使の孫、苫米地博士による説)
http://rothschild.ehoh.net/material/36.html

台湾は我が国の植民地ではなく日本固有の領土であった
(1945年4月1日付詔書など)
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/6473745:Topic:180268


日本は未だにアメリカの属国である。国民は奴隷である。それを国民に気付かれないようにマスコミを使って洗脳しつづけている。それに歯向かうと消される…? えっ!? 日本てそんなにヤバい国だったの!!!?

1つめのURLの苫米地博士という方は、サンフランシスコ講和条約の苫米地全権大使(条約の罠に気がついて唯一署名しなかった大使)のお孫さんで、最近ではオセロ中島の脱洗脳で話題になった脳機能学者ですが、なんと一連の集団ストーカー記事でお世話になっている(株)サイゾーのオーナーなのです。

このすごいシンクロニシティーに圧倒されて、ここ何日か苫米地博士の本を読んだり動画を見たりしてました。

苫米地博士によると、人生の目標は高ければ高い方がよい、突拍子もないぐらいで丁度いいんだそうです。

集団ストーカーの周知もかなり進んだので次の目標を立てることにしました。

目標 「日本を独立国にする」

さて、何から始めましょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 活動記録

tb 0 : cm 23   

コメント

敵はアメリカだけにあらず

 *
 面白いですね。是非やりましょう!
 でも敵はアメリカだけじゃないんです。

 サンフランシスコ条約調印国の間では、本土以外の日本領土は
アメリカ軍事占領が認められ、憲法改正次第ではアメリカのものに
なる可能性があります。
 しかし、調印国でない中国やソ連、(朝鮮も?)は、それぞれ台湾
樺太の領有権を主張することが出来ます。

 日本の強国化をおそれる世界各国が毀日活動を繰り広げている、
と思ったほうがよさそうです。

 苫米地さんと面識をお持ちだったりします?
集団ストーカーの話をもちかけると、逆に興味をもたれるかな、
と思ったりしますが。


台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/03 09:34 [edit]

Re: 敵はアメリカだけにあらず

暴かれつつある集団ストーカー
http://gaslighting.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

↑こちらの記事をお読みになっていただくと分かるのですが、集団ストーカーを記事にしているのは、日刊サイゾーだけなんです。私がポスティングしているチラシにもこの記事を一部引用させていただいています。おかげさまで現実に存在する犯罪であることを世間に証明することができました。
お会いしたことはないですが、「オリンパス内部告発者制裁人事裁判」に携わったチームの方々を含め、本当に恩人のように思っています。

脱洗脳のプロフェッショナルという認識しかなくて、こんなに愛国者とは知りませんでした。

敵国条項というのも怖いですね。
日本は敵国だから、国連の承認なしでいきなり宣戦布告してもOKというのは((;゚Д゚))
中国はまさにそれを狙ってるんでしょうね。

たたむ #- | URL | 2014/06/03 23:23 [edit]

敵はサンフランシスコ体制

 そうでしたか、愛国者らしいとは聞いてましたが。
じゃあ、きっとターゲットが秘密を暴きうるものだってこともご存知ですね。マスコミが報道しないのもきっとそのせい。ふざけた話です。

 実は、台湾民政府関連を書き出してから、警察だか公安だか何だか知りませんが、異様に監視というか保護?が増えました。明らかにど素人のジャリどもとは異質。数だけならはるかに大勢ひきつれてたことはあるんですが、特にサンフランシスコ条約のカラクリを書き出してからはなかなか緊張感ある状態でした。

 さすがに、これは一刻も早く知ってることをすべて吐き出してしまわねば、と、日本の未来は私にかかっている!ぐらいの勢いで狂ったように書きまくってました。憲法改正とか集ストターゲットまで書いたあたりで落ち着きましたから、もう出尽くしたんでしょう。

 広まるのは遅いか早いかの違いでしょうが、集ストを早く終息させるためには、やはり情報拡散とお勉強でしょうか。

 とりあえず、
台湾って今も日本なんだって
中華民国とは別に台湾民政府ってのができて日本復帰運動やってる
ぐらいでも十分。

 何も聴いたことのない人がほとんどでしょうから、じわじわと拡げていけばいいんだと思います。
 
  以下は、元防衛庁長官の愛知和男の民政府の講演の様子。
行きの飛行機で突然台湾が日本だと知らされたらしく、動揺してます。
講演は14分過ぎから。日本戦略研究フォーラム、中條高徳さんも講演会やったりしてます。マスコミが報道しないだけで、官も民もとっくに動いてるってことです。

臺灣民政府と愛知和男樣の會議ポイン卜
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/6473745:Topic:45068

 あとは、官民が表立って動けるように、役所や議員とか有名人に、台湾が今も日本だってホントですか?ってひたすら問い合わせてみるとか?


台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/04 21:30 [edit]

特に危険はありません 念のため

 自分で書いといてなんですが、誤解する方がいらっしゃるかもしれないので。
 情報拡散に危険はありません。

 この話はネットでは数年前からとびかってます。
とにかくアメリカ政府相手に裁判やったわけですから隠しようがない。
マスコミは全く報道しませんでしたし、ネット上のデータは
正直言って理解が間違っているものも多く、詐欺、との反撃に抗しきれずに
大きな広がりはもたなかったようです。
(逆に詐欺に見せかけるためにわざと誤データ流したところも
あるんじゃないかと思う。集ストの被害者組織と同じ)


 しかし、官サイドは当然正確な情報をもっているわけで、
それを公表はできなかったのでしょうが、非公開には
民間にも流れているはず。
 何のしがらみもないところから、オープンソースだけで
サンフランシスコ条約や憲法改正まで、不特定多数に向けて言及する
人間の登場が待たれてたんだと思います。

 誰も知らない話じゃない、かなりの人が知ってる話です。
事実を指し示してもらえば、多くの人が理解できる話でもあります。

 一度ネット上に流れたデータは消えることはないわけで、
それを狙って私もさっさと情報を出したわけですから。
既にネットに流れた話だ、と思っていただければ。

 公文書というオープンソースだけから辿れる情報なんて、
いつまでも隠し通すなんて無理に決まってます。
 櫻井よし子さんみたいに影響力でもあれば別ですが、
私たちみたいな一般庶民が何を騒ごうと、今更ありえません。
(そんなことになったら、逆に情報がすごい勢いで拡散されます)




台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/07 12:40 [edit]

Re: 特に危険はありません 念のため

詐欺云々は李登輝友の会や独立建国連盟等によるネガキャンのことでしょう。
彼らは今や利権と化している台湾独立運動それ自体を守るのに必死ですから。
独立運動と言いながら独立への具体的工程も提示できない運動のための運動。
当然運動を前提から否定するような言説はレッテル貼りで排斥しようとする。

彼らの独立論が彼らの嫌う中華民国体制の延命に手を貸している自覚もなく、
保守派を自認しながら日本の主権に対する侵害に手を貸している自覚もない。
日台の絆を謳いながら実は日台の離間に加担しているわけですから皮肉です。
日属米占の真相を日本で拡散する際に最大の障害となるのが彼らでしょうね。

それでもしつこい程に真相の拡散を続けていくことが重要だろうと思います。
今からそうしなければ近い将来台湾から生じる大変化に対応できませんから。
場合によっては独立論の破綻を徹底的に暴いて見せてもいいかもしれません。
サンフランシスコ平和条約が国連憲章に違反している等いくらでもあります。

ひめ #- | URL | 2014/06/07 19:24 [edit]

コメントありがとうございます

返信しようとすると「不正な投稿です」と出て書き込めないのです。妨害?前にも何度かあって…。後でまたトライしてみます。

たたむ #- | URL | 2014/06/07 23:14 [edit]

追記

ちなみに台湾民政府公式サイトの中国語で書かれている最新の文章によると、
台湾民政府が目標とする台湾の最終的な地位は日本の主権下の台湾自治です。
主権国家日本の中で台湾が高度の自治権を持った地方自治体になるわけです。
当然これを実現するには憲法改正が必要になることは言うまでもありません。

以前は日本からの独立も選択肢にありましたが既にそれは排除されています。
固有領土である以上人民自決は領土保全の制約を受けるのですから当然です。
連合国が違法な領土処理を行う前に台湾の地位を原状回復するイメージです。
台湾を本来の地位に戻すということは日本を本来の姿に戻すということです。

現在進行中の中華民国政府の組織解体と台湾民政府の組織編成も参考までに。
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/6473745:Topic:191571
http://usmgtcg.ning.com/page/6473745:Page:93849
http://usmgtcg.ning.com/page/6473745:Page:25

ひめ #- | URL | 2014/06/08 06:52 [edit]

集ストの被害者と、台湾の日本復帰、日本の保守などの目的は重なるわけですから、うまく連携がとれるようにしたいですね。
 台湾復帰運動の方には、それを阻止するために集ストが行われている、というのは理解しやすいんじゃないでしょうか。

 集ストの被害者組織を見てて思ったことですが、とにかく相手の反撃を潰そうと思ったら、最初に被害者になりすまして被害者組織を作ることです。
 本気で台湾の復帰運動を潰そうと思ったら、まず実現不可能な台湾独立運動組織をつくりあげておけば確実です。台湾の自治を自覚無く妨害してるんじゃなく、最初から妨害する目的で組織をつくりあげる。
 
 それぐらいに考えておかないと、太刀打ちできないと思います。

 これだけネガキャンがある以上、理論をいくら示してもまず聞いてもらえません。しつこく真実を語り続けるのはもちろんですが。
 確実なところで証拠を提示するのが早いかな、と思ってます。
 
 24年度から入管法が改正されて、これまで一律中国扱いだった台湾が、別途台湾として集計されるようになってます。直接確認してませんが、中華民国のパスポートでも在留カード等の国籍・地域欄が台湾、との表示が可能かどうか、興味あります。
(台湾民政府はすでに、中華民国籍離脱者に台湾国籍の公民証も旅券も発行)

 もうひとつ、御茶ノ水附属高校が台湾民政府を訪問した、とのツイートが流れてます。これが事実なら、悠仁親王繋がりということで確実です。
https://twitter.com/SAKEBUKODAMA/status/418701778436096000/photo/1
 同時期に御茶ノ水附属高校が台湾に研修に言ったことは公式サイトで確認できますが、初日にどこに行ったかまでは記載無しです。
 
 
 ものすごく手近なところで、ログランキングをあげるかな、とクリックしてたら次の記事ではなくなってます。何か意味あります?

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/08 20:37 [edit]

Re:

台湾民政府は3年前から本土台湾人であるか否かを証明する台湾政府身分証を出していますが、
旅券に当たる旅行証明書(主権国家ではないので旅券ではありません)はまだ出していません。
旅行証明書は近い将来出るそうですが、それまでは中華民国旅券を代用するしかないわけです。

なので現在は中華民国旅券を所持していれば在留カードの国籍・地域欄に台湾と表示されます。
台湾民政府の旅行証明書が出た段階で国籍・地域欄の表示は中国と台湾に分かれるのでしょう。
ちなみに本土台湾人とは大雑把にいえば元々日本国籍を持っていた台湾戸籍者とその子孫です。

お茶の水女子大学附属高校の台湾民政府訪問は台湾民政府の公式サイトに写真が載っています。
お茶の水女子大学付属高校の公式サイトでは10月20日が初日なので初日が台湾民政府訪問です。
http://www.fk.ocha.ac.jp/report/2013/1112_1152.html
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/2013-10-20

ひめ #- | URL | 2014/06/08 23:23 [edit]

 台湾民政府自体の信用性が今のところないので、できれば御茶ノ水の方に初日に台湾民政府訪問、と入れて欲しかったのですが、残念ながらそちらにはないんですよね。

 パスポートですが、講演会に行ったときに、確か民政府の皆さんはアメリカ発行の旅券を持ってたと思ったのですが。あれは単なる身分証ですか?しかし英語だったと思う。

下記は、日台共栄促進会のニュースリリースにあったもの。

2013年6月22日
台湾(民)政府による公告

公告主旨:中華民国(台湾統治当局)は台湾民政府の本土台湾人に対し「中華民国国籍を放棄することに同意した。また世界「人権公約」第一条及び「台湾公民権利法案」の規定に基づき、中華民国国籍を放棄した者は台湾民政府の規定に従い、台湾国籍及び米政府発行の旅券を申請できる。」との回答をし、台湾民政府は同内容を公告した。

 この中華民国の回答を台湾民政府の公式サイト以外、中華民国側の公式情報としてのせてるところはありませんか?


追;日本人で戸籍を台湾に戻した人が講演会にいらしてました。私ももしかして可能かも。

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/09 00:20 [edit]

Re:

講演会で示された「アメリカ発行の旅券」というのはカードですかね?
もしそうならそれは台湾政府身分証であり旅行証明書ではありません。
深緑色の表紙の冊子ならばそれは従来使われている中華民国旅券です。
旅行証明書は返還前の沖縄と同様黄色い表紙の冊子になる予定ですが、
まだ出ていません。出ていれば台湾民政府の信用性も確立しています。
http://usmgtcg.ning.com/apply-id
http://usmgtcg.ning.com/photo/6473745:Photo:10271?context=latest

国籍に関する昨年6月の台湾民政府公告の中国語の原文はこれですね。
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/2013-6-22
中華民国旅券を持ちたくない者は国籍の離脱を認めますという回答で、
世界人権公約(国際人権規約)以降はそれを受けた台湾民政府の見解。
中華民国外交部が台湾民政府を積極的に承認するわけがないからです。
日台共栄促進会公式サイトに載っている公告主旨は誤訳と思われます。
手紙による回答のようですから他のサイトには掲載されないでしょう。

ひめ #- | URL | 2014/06/09 02:10 [edit]

アメリカ発効の旅券、聞いた話とネット情報を私の方で混同してます。実物を講演会で見たのではなく、聞いてネットで探しました。明るいブルーのカバーの付いた、一見パスポート風のもの。また探してみたのですが、どこで見たのかわからなくなってしまいました。パスポート詐欺としてネットでは話題になってました。

 現在、日台共栄促進会がお問い合わせ窓口を設けてはいますが、正直言って機能してません。10回ぐらい問い合わせだしてると思いますが、返事があったのは1,2度。しかもピントはずれです。
日台共栄促進会
://jtcpa.weebly.com/
 
 集に一度でもいい。ブログ形式で最新情報を知らせてくれると、随分違うと思うのですが。担当者の日本語は決して流暢とはいえません。
 盛り込んで欲しいと思う情報もあります。あれでも以前よりは格段によくなりました。そもそも、日台共栄促進会、という名称では検索してくれる人さえいないと思います。
 東大や京大の台湾留学生会に連絡しろ、とか言ってるんですが、届いてるんだかどうだか。サイトはありますが、中国語。私には手が出せません。

 サンフランシスコ条約により、日本政府側は一切の動きを封じられており、表立って動けるのは民間だけ。沖縄のときとは違います。
 メディアも抑えられてるでしょうから民間から大きな声をあげない限り
難しい。台湾サイドでも、李登輝、陳水扁、独立をうたった両総統は迫害を受けてるわけですし、多分影響力のある人間は発言を封じられてるはずです。陳水扁への迫害は、日本人は殆どが知らないと思います。

 多分表立って動くのが可能なのは、引退した政治家、大企業の現役引退者、いわゆる保守団体。政治家への問い合わせは指標にはなるので無駄ではないと思いますが、手っ取り早いのはそちらだと思います。
 大手メディアは完全に無理。ねらい目は草の根、ネットメディアです。


 また、ネットへの接続ができなくなりました。この情報はあたりのようですね。ルーターもパソコンにも問題がないのに、なぜかインターネットアクセスなし、で 接続できません。
再起動からリトライします。

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/09 08:06 [edit]

Re:

確かに数年前旅券の見本が試作されたことがありますがあくまで試作です。
台湾の場合は占領地ですから旅券ではなく旅行証明書でなければならない。
たぶん当時はそこまで研究が進んでいなかったのではないかと思われます。
昭和天皇の詔書の出現で台湾民政府の法理論もかなり変わっていますから。

日台共栄促進会については組織もサイトもほとんど機能はしていませんね。
中国語のサイトは毎日更新されるのに日台共栄促進会の方は放置状態です。
組織として日本語の語学力も法理論の理解度も決して十分とは言えません。
日本方面の情報発信と意思疎通のためには特に言葉の壁が高いと思います。

ひめ #- | URL | 2014/06/09 13:46 [edit]

 パスポートと旅行証明書を完全に混同しました。
私が見たブルーのものはアメリカ発行旅行証明書だと思ってました。
アメリカから郵送されてきてたと思ったんですが。試作品?でしょうか。
占領下ドイツの旅行証明書?の写真と説明が一緒に出てました。

 私が初めて聞いたのは昨年末。最初から詔書があったので非常に衝撃的でした。それであまり前面に出てこないんですね。
 民政府の理論は詔書の存在とサンフランシスコ条約日本文が正文ではなく放棄したのは主権ではないこと、の2本立てだと思ってました。
 
 この一枚の紙が台湾を護ってるんです。
 連合艦隊はきっと来る。私たちは信じて待ってるんですよ。

会場が一瞬静まり返り民政府関係者たちが揃って涙ぐんだときのあの情景が忘れられません。

 日台共栄促進会、ちょっとどうにかしたいところ。
これで日本語を操る高齢世代がいなくなったら目もあてられません。

 台湾民政府といったって、普通の日本人には中華民国との区別は全くつかないという基本的なところがわかってない。 
 今年も8月15日には見えるでしょうから、それまでに日本側で少し何とかしたいものです。

 台湾が日本だという事実を知る人たちは引き揚げ、軍属を中心に潜在的には数十万単位だと思うのでそこに情報が届くようあちこち数打ってます。 お時間のある方は政治家あてにご意見ご質問でも打ってみてください。うまく繋がるといいんですが。

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/09 19:08 [edit]

Re:

旅行証明書についてはとにかくひたすら待つしかないでしょうね。
それが発行されて実際使えるとなれば状況は相当変わるんですが。

昭和天皇の詔書が台湾民政府の法理論の柱であることは確かです。
詔書の存在が知られる前は普通に建国を主張していましたからね。
一般的な台湾独立建国論はもちろん詔書を考慮に入れていません。
詔書一つでサンフランシスコ平和条約の読み方も全く変わります。

日本語の面の人材不足は当面日本の側で補うしかないでしょうね。
私も自分なりに色んな方法で日本での情報の拡散に努めています。

ひめ #- | URL | 2014/06/09 23:27 [edit]

 日本政府と違ってアメリカには制約がないわけですから、未発行なら単にやる気がなくて引き伸ばしてるんでしょう。こちらでつついてやる必要がありそうですね。
 年末の行く年来る年で、小笠原だったか米国占領下でパスポートが必要だった、との一視聴者の声が流れました。色々言われるNHKですが、それなりに出来ることはやってるんだと思います。

 警察はソウカの率も桁違いに高いそうですが、自衛隊はかなり信用できます。民政府の話を知ってる人も多いでしょう。基地の近く、または自衛隊関係にお知り合いのいる方は、そちらに話を持って行ってみていただけませんか。 何と言っても元防衛庁長官愛知和男の動画があるわけですから真面目に聞いてくれると思います。組織として動かせれば大きいです。
 単に集団ストーカーの話だけじゃなく、領土戦争のからみでメインターゲットにされている、との台湾の話とセットであれば、かなりの人が興味を持つと思いますし。(ホントは台湾だけじゃないんですが。)もともと集団ストーカーは軍事戦略のひとつ、というのならそれも興味をひくでしょう。

 政治家や役所あての質問は、はっきり肯定はしないけど決して否定はしない、という返事が返ってくることになると思いますから、これを狙ってあちこちに質問を出してはどうでしょうか?
 愛知和男さんの動画を貼り付けて、台湾は今も日本だって本当ですか?1945年4月1日付けの詔書で日本の固有領土になってるって本当ですか?それだけでもいいと思います。私もあちこちうってますが、一人で出来ることには限界があります。
 愛知さん、文字通り命懸けでやってるんでしょうね。

 水面下ではずっと争いが繰り広げられていたわけですから、私たちのような者ができるのは大騒ぎすることだけです。既に何をしてるか知ってるかはチェックされてるわけで、今更身の隠しようもありません。大したこと知ってるわけでもありませんし。
 深慮遠謀はそちらにまかせて、広報に励みましょう。

 中山なりあきさんにメールしたら、直後のニュースで田母神さんが新党には加わらないと。きっと台湾問題でフリーハンドで動くためにちがいない、と勝手に深読みしています。彼も命をかけるタイプだし、あと恵龍之介さん?沖縄問題で活躍してる人いますね?彼にアクセスできる方がいらしたらぜひ。
 こういう問い合わせは重なっても問題ないので、気にせず連絡するといいと思います。何かの会場で質問するというのもありですが、本人がホントに全く知らない場合は頓珍漢な答えが返ってくることになります。
 
 台湾民政府への連絡ですが、facebookがあるようです。とにかく何の連絡も取れないこの状況をどうにかしたいのですが、何かいいお知恵はありませんか?
 林志昇に、沖縄返還条約を読め、と伝えていただきたいのです。

 私が見る限り、沖縄は返還されてません。日本国憲法は占領憲法なのでサンフランシスコ条約発効まで無効、発効後に有効の扱いです。
 沖縄にも日本国憲法は正式!には施行されていない状態で、国政機能のない天皇に返還は不可能なはず。
 林志昇が国際法の専門家として沖縄はまだ返還されてない、と発表できればものすごいインパクトで、日本国民は誰一人黙ってません。
 
 台湾民政府にもうひとつ。
広島の原爆記念日に来日することはできないんでしょうか。
http://jp-pride.com/topic/86-19.html
 田母神さんはここで毎年のように、広島の平和を疑う、という講演会とかやっていて、注目度が高いです。一言でも民政府が挨拶、紹介出来ればすごいと思います。広島には自衛隊もありますし、どこからか連絡できれば面白いことになります。

 色々書きましたが、あとの狙い目としては全共闘世代と占領下で民政府を経験した沖縄とか奄美?関係でしょうか。
 全共闘は派閥にもよるんでしょうが反アメリカで今も同級生つながりがあるでしょうし知的レベルも高い、占領下民政府の体験者は地域住民すべてが知ってるという意味で、それぞれ情報の広がりが期待できます。

 集スト被害者もこれから自称被害者など、整理されてくるはずです。
とにかく自分で、これなら出来る、というところから。
 被害は終息に向かうといっても相手は今も押し戻そうと日々努力してるはず。台湾の日本語世代が健在のここ1,2年が勝負。短期決戦を目指さない限り、終息までに10年20年30年とかかるかもしれません。


台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/10 08:23 [edit]

Re:

旅行証明書の発行が延びているのはアメリカが自国への批判を恐れているかもしれませんね。
何せ旅行証明書が出ればアメリカが台湾そして日本の永久占領を企んだことがばれますから。
サンフランシスコ平和条約は実際には講和条約ではなく日本を永久に間接分割占領する条約。

日本国憲法は占領基本法だしサンフランシスコ平和条約で認められたのは日本本土の自治国。
沖縄は固有領土のはずなのに植民地扱いされて国連の信託統治に付される危険性すらあった。
幸い施政権が日本に戻ってきたけれどもそれは返還ではなく日本本土自治国への施政権委託。
台湾も同じく固有領土のはずなのに植民地扱いされて施政権を強制的に放棄されられた状態。
しかも表向きは憲法改正だの主権回復だの沖縄返還だの中華民国への台湾返還だの言わせる。

林志昇氏も中国語の文章で沖縄は返還されておらず施政権が委託されただけと述べています。
永久占領つまり事実上の侵略を認めたサンフランシスコ平和条約は明らかに国際法違反です。
まあ同条約に基づいて成立した台湾民政府はそこまで踏み込んだ同条約の批判は難しいかも。
筋から言えば日本国憲法もサンフランシスコ平和条約も偽憲法偽講和として破棄すべきだが、
現実的には日本国憲法改正とサンフランシスコ平和条約解釈改正で解決する他ないでしょう。
日本国憲法やサンフランシスコ平和条約の破棄は内外の法体系に与える影響が甚大ですから。

フェイスブックには直接日本語で書き込んでもいいと思いますよ。読める人はいるはずです。
ただ私の経験からすると難解な日本語では真意が伝わらないことがあるので平易な日本語で。
https://www.facebook.com/usmgtg
https://www.facebook.com/pages/%E5%8F%B0%E7%81%A3%E6%B0%91%E6%94%BF%E5%BA%9C/121300008066828

ひめ #- | URL | 2014/06/10 14:20 [edit]

問題は憲法99条

 そこがアメリカの狡猾なところで国際法違反は犯してません。
アメリカの永久占領は日本国憲法が現状のままであることが前提。
天皇が国政機能を回復しない限り返還は不可能ですから、逆にそれを妨げるためにわざわざ改正できないような憲法をつくり、憲法学、社会まで創作してます。
 アメリカは暫時管轄権に則って正当に軍事占領してることになります。
返還できないのは日本側の都合なわけですから。

  天皇は天皇条項で国政機能を持たず、定められた国事行為のみを行う、とされた上、99条で憲法擁護義務まで負わされてます。
 本来憲法を超越する君主に憲法擁護義務ってそれだけで変なんですが、日本では、憲法は権力を縛るものであって国民が守る必要はない、国民が守るべきは一般の法律、とかいうわけのわからない憲法学が蔓延。立憲主義って言うのはあくまで憲法に則って統治を行うことなんですが、なぜか基本的人権を守ることが立憲主義、とかわけわかんないことに。これは、99条を変えさせないためなんです。
 
 日本国憲法が1週間でつくられたのは有名な話ですが、焦眉の象徴天皇については既に42年の段階でOSSにより考案されており、多分天皇条項と99条に関しては、非常に早い段階で決められてたはずです。
米国にとって、他は結局どうでもよかったんですよ。

 もっとも被占領領土があることに気づけば国民は憲法改正を求めるでしょうから、これを気づかせないために、プレスコード、教育界、諸々の情報を統制して事実を隠蔽。
 できれば天皇を廃止する方向での憲法改正をめざすべくサヨクに莫大な尽力を傾けた。(天皇廃止となれば自動的に分割は正当化される)
 占領軍がまっさきにやったのは、地理の教科書の墨塗りだったはず。
 事実を知りうるものには集団ストーカーをかけてあらかじめ信用度をおとし、社会的な抹殺をはかった。台湾では直接的に228虐殺による知識層の壊滅と白色テロ。
 国内では在日や反日分子を使って無意味に問題をおこし無駄な労力を費やさせ社会を根本的に破壊して日本の弱体化をはかる。
 台湾では不可能な独立建国運動をとなえさせ、無駄に労力を費やさせて日本の領土だということから目を背けさせる。
 
 日本でも、主権回復の為に必要なのは9条じゃないんですが、国民の目を不必要に9条に向けることで焦点をそらしてるわけです。

 自民党案のように99条から天皇がはずれ、国事行為(のみを取る)を行う、とすれば自動的に帝国憲法が復活し、台湾返還も可能になります。自民党は明らかにこれを視野に入れて動いてます。

 日本国憲法は占領憲法なので無効、ただしサンフランシスコ条約発効後は廃棄できたのにしなかったのでその後は有効。ただし帝国憲法は廃除されたわけではなく、日本国憲法(地域憲法)の上位憲法として存続。もっとも天皇が日本国憲法内に閉じ込められて何も出来ない状態なので実質的には機能停止、という状態です。

 日本にしても天皇の戦争責任回避や満州国もどきに防衛をアメリカに任せて経済発展をめざす、という計算があったんでしょう。あの時点で全国土を防衛するのはそりゃあ無理だったでしょうから。


 林さんの沖縄についてのページを教えていただけますか?私は読めませんが、紹介だけはしてみます。
 あと、できれば裁判の原文データベースみたいなところにリンク張ってるページはないでしょうか?アメリカの裁判所の判決文読めば納得する人もいるはずなんですが。英語なら読める人は多いですし。

 facebook、、日本語じゃあちょっと辛いでしょうね。日台共栄促進会でものすごく簡単に書いたつもりの日本語でも通じませんから。

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/10 15:26 [edit]

Re: 問題は憲法99条

ちゃんと表向きも占領が続いていくことを日本人に認識させていたなら合法でいいのですが、
占領中に様々な形で情報工作を行って認識を誤らせた上で条約を結んだのですから違法です。
もし誰も憲法や平和条約のカラクリに気づかなければ永久占領は人知れず完成したでしょう。
まあいずれにしても自民党案のような日本国憲法の改正で解決できるのは間違いありません。

林志昇氏の沖縄に関連する最近の文章と米ワシントンDC連邦控訴裁での判決文はこれですね。
http://usmgtcg.ning.com/forum/topics/japanese-subjects-1
http://www.civil-taiwan.org/Lin_v_USA-Court_of_Appeals_4-7-2009.pdf

ひめ #- | URL | 2014/06/10 16:55 [edit]

 ありがとうございます。一応漢字なのでとりあえず該当箇所とにらめっこ。
英文の方は時間をかけてのぞきます。政治煉獄はしょっぱなに出てくるんですね。ワシントンオフィスはなぜ更新が2013年でとまってるんだか。

 私は法学部なので、現行憲法有効は法曹界認識のことです。
憲法やサンフランシスコ条約のカラクリを一般国民まで認識するのは無理。
法学部の私でさえ、改めてちゃんと読むまで全く知りませんでした。
詔書の存在を知った上で一読すれば、あれがアメリカ占領を目的とするものだということは一目瞭然。英文でお読みになりましたか?
 政府は当然台湾の植民地化を避けるためにわざわざあの時期に詔書を出したわけですし、憲法のカラクリがあるからこそサンフランシスコ条約には言い訳が立って有効だ、ということは認識してたはず。
 そうじゃなければ、国際法上無効を主張するだけですから。

 吉田茂は、領土権を放棄しただけだ、とはっきり言ってたそうですし、
私レベルの素人に理解できないことが、当時の日本政府や世界の外交官に理解できないはずありませんよね。アジアの新国駆け出し外交官にはわからなかったかもしれません。
 彼は確か、日本人は優秀な民族だからいつか必ず立ち上がる、みたいな事を言ってたはず。彼は賭けに勝った。私たち一般市民レベルが気づいたわけですから。今ならまだ間に合います。

 まあ、こんなややこしいカラクリ作ったせいで集ストなんかが起こってるんだと思うと複雑ではありますが。

台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/10 21:01 [edit]

Re:

確かに法学をやったことがなければ全体像を理解するのは至難の業でしょう。
私も法学部出身で数年前に初めて台湾民政府や昭和天皇の詔書の存在を知り、
そこから憲法や平和条約のカラクリにたどり着いた時は唖然としたものです。
詔書を踏まえて読むと英語では一目瞭然だし日本語でも色々と見えてきます。

あの憲法や平和条約は違法性や矛盾を内在していますが法としては有効です。
むしろカラクリが分かっていればこれらの法を逆利用するのが手っ取り早い。
憲法改正と偽って占領基本法を作ったなら同じ理屈で元に戻せば良いのです。
吉田茂の領土権の発言は著書「世界と日本」の141ページに出てきますよ。

ひめ #- | URL | 2014/06/11 02:31 [edit]

 同じ理屈で元に戻す?どうやってですか?

 よく考えてみたら当時一般市民も知ってたカラクリですね。占領されるからと本土に帰ってきた祖父母たちはいつか帰るつもりで、当然台湾が日本でなくなるなんて考えてもいなかった。憲法改正時はともかく、サンフランシスコ条約が出た時はすぐにカラクリに、そして同時に憲法のカラクリにも気づいたはずです。日本文が正文でないことに気づいた人たちもいたでしょう。

 東亜の開放をめざして大陸に渡ったあの世代は現代のわたしたちよりはるかに国際情勢に敏感で、英語も中国語もネィティブレベルで出来る人たちはゴロゴロいたんですから。
 しかし、祖父母は、私の前で中国語も英語もわかると言ったことも、たとえ一語たりとも話して見せることも読み書きして見せることもありませんでした。

 領土権と主権の違いなど、当時の人たちには殆ど常識で、領土回復にはまず憲法改正が必要だな、と単純に声を上げた人たちは少なくなかったでしょうが、マスコミはまったく取り上げず、そして声を大にしていた人たちは殺されたんでしょう。

 その時点で初めて、必要な憲法改正を妨げて永久占領するつもりだ、ということがみんなにもわかった。憲法99条の改正を公に口にする人は消え、ある人たちは水面下にもぐって活動を続けた。

 集団ストーカーが必然的に行われることはサンフランシスコ条約作成時には政府関係者や情報機関には既にわかっていたでしょうし、市民レベルでは何の疑問も持たずに声をあげた人たちが殺された時点でわかったでしょう。当然アメリカはターゲットの名簿をその時点で手に入れたはずです。

 必要な情報統制は綿密に計画され しかし、児玉機関や有末機関のように水面下で動く日本版情報組織のようなものはきっと官民問わず今もあって、双方は水面下でしのぎを削る争いを続けることになった。

 私たちは、それに巻き込まれたんです。


 ずっと不思議に思ってました。守ってくれてる人たちの存在を知っていました。彼らは警察や職業レベルではないいわゆるホントのプロで、でも決して集団ストーカーを終わらせようとはしない。何か理由がある、とずっと考えてたところに台湾民政府の話を聞いたんです。
 単なる勘のよさだけで生き延びることは、きっと出来ませんでした。

 高学歴を持つ私は、きっと早い段階、遅くとも大学入学前には要注意とされ重点監視対象となり同時に期待株として保護対象にもなってたんでしょう。そして、99条について書いた時点で最大の山は越えた。もっとも、その時点では集スとの関連性は理解してませんでしたが。
 皮肉ですね。きっと集ストにあわなければ、台湾民政府の話も簡単にやり過ごして真剣に考えることはなかったでしょう。

 彼らに知らせる気がない限り、私たちが彼らの存在を感知することはできません。そして日本の主権が回復しない限り集ストが終わることもない。
 世代を超えて知識の断絶はおこってますが、色々考えてみたらこのカラクリを知ってる人間の存在が数十万単位に過ぎないとしても、台湾ほかの被占領領土があることを単純に知る人は数百万単位にはのぼるはずですね。
 あの世代には常識だった慰安婦が娼婦だということさえ、マスコミは握りつぶせたんですから。


 ターゲットは事実を知る者なわけですから、この事実を広くしらせることが”アリの巣退治”です。
 台湾でも、民政府運動は遅々としているようですし、李登輝の時代に作られた教科書は去年からだったか反日教科書に作り変えられたと聞いています。
 
 集ストには慣れっこの私がさすがに緊張せざるを得ない状態、捜査体制ではなく半公然と保護体制がひかれたわけですから、憲法99条を焦点とする憲法改正を公に口にする人がいたとは思えません。
 誰かが公にした時点で水面下のグループが各種手段でそれを拡散してたでしょう。
 
 おかげで今は放心状態。他のことが手につかず困っています。


 パスポートもどきですが、アメリカが占領を認めた以上、公民証を提示してアメリカに直接交付を求めれば拒否することは法律的に不可能だと思うんですが、ほんとに今も発行されてませんか?


台湾は日本の固有領土 #- | URL | 2014/06/11 09:55 [edit]

Re:

憲法改正については仰せの形で良いと思いますよ。肝は天皇主権の回復ですから。
天皇主権を反民主的だと歪曲し国民主権を美化する戦後憲法学も刷新が必要です。
人権を守るのが立憲主義と言いながら台湾人への人権侵害には頬かむりする矛盾。
政府が進めている集団的自衛権の行使容認も本当の標的は台湾だと考えています。

台湾民政府の最新の動きは中国語が分からないと現状では把握が難しいでしょう。
来月には議会が本格的に始動して占領基本法その他の法整備に着手するそうです。
旅行証明書の発行が遅れたのは米国防総省と米国務省の暗闘が影響したとのこと。
国務省は中華民国との利権がありますからね。アメリカも一枚岩ではありません。
暗闘は国防総省が押し切り、近々旅行証明書の申請受付が始まる情報もあります。
旅行証明書発行は中華民国終焉を意味しますから、反日教科書も使われないかも。

ひめ #- | URL | 2014/06/11 13:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gaslighting.blog.fc2.com/tb.php/81-25fb0092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。